まずは住宅ローン仮審査

 もが憧れる一戸建て住宅。賃貸物件に住んでいながらも、ハウスメーカーを巡ったり、一戸建て住宅やマンションの雑誌などを購入し、ページをめくっては憧れに浸っている方も多いでしょう。住宅購入は、簡単に購入出来そうで、実は、難しい買い物でもあります。安い買い物ではないからこそ、住宅ローン仮審査から始まり、そこで、住宅ローン仮審査に通らなければいくら憧れを抱いていても購入することはできません。
将来住んでみたい一戸建ては、庭が広くて、大きな家が良い。そしてエクステリアにこだわって、カーポートも整備して・・・と憧れを抱くものです。

しかし、住宅ローンで借入れ出来る融資額が希望額に達していなかったら、希望の間取りや土地を購入することはできません。一戸建てに憧れている人はみんなそれぞれ大きな希望を抱いて住宅購入を検討するのがほとんどです。
しかし、あまりに立派な家を建てて、後々の住宅ローン返済が回らなくなり、住宅を手放す事になってしまったと言う事も多いですので、どこかで妥協しなければいけない部分があります。これから住宅購入に向けて意欲的なのになんて事をいうんだ!という方もおられるでしょうが、これが現実なのです。住宅購入はハウスメーカー巡りをしているときから始まります。気に入ったハウスメーカーがあり、自己判断でここに決めた!と思っても、まず、ハウスメーカー側から住宅ローン仮審査を進められるでしょう。

そして自営業住宅ローン審査では現在のおおよその融資を受けられる金額を出す事が出来ます。晴れて住宅ローン仮審査が通り、そこからは住宅購入に向けて土地を購入したり、住宅購入の見積もりを出したり間取りを決めたりと忙しい日々を送ります。そして注意しなければいけないのが、一戸建て住宅を購入するにあたって土地の購入です。土地を持っていない方はまず土地を購入しなければ住宅を建設することはできません。建売住宅であれば、最初から土地付き一戸建てですので、問題はありませんが、土地がない場合は、住宅代金より先に土地代金が必要になります。一括で支払う事が出来ない場合は、つなぎ融資として、銀行などの金融機関に借り入れをしなければいけません。

そして、住宅着工前後に住宅代金を支払う事になります。住宅ローン返済が開始されるのは、住宅代金を支払った後です。また、つなぎ融資中は住宅ローンが開始するまで金利がかかります。その為土地を購入してから住宅を建設するまでの時間が長期間である場合、後々に返済に響く事になりますので、土地購入と合わせて住宅着工日程を合わせる事がおススメです。

関係サイト

自営業で住宅ローン審査に通るには?頭金・年収の基準!【審査厳しい?】
自営業の方は住宅ローン審査が厳しいと言われています。そんな中で自営業でも審査に通るためのコツをご案内!頭金や年収の基準、おすすめの銀行など知らないと損する情報を集めました!
www.jieigyo-jyutaku.com/