借りる前に!即日ローンナビ

 お金を借りたときにつく、利息ですが、一般的に利子といわれているものと、利息とはどう違うのでしょうか?
利子とは、賃借した金銭に対して、一定利率で支払われる対価のことをさしますが、借りた場合に支払わなければならないものを利子と予備、 貸した場合に受け取るものが利息といった言い方をして、使い分けている場合もあります。
また、銀行などに預金をしてつくものは、利息とよばれ、前〒局であるゆうちょ銀行では利子お読んでいます。法律用語としては、一般的に利息を用います。

 借入金利と支払い利息についてですが、本来利息は、借入した元本の存続期間に応じて、その日割りで計算されます。
利息の計算方法には、日歩、月利、年利といった方法があります。まず、日歩は、100円に対しての、1日の利息の割合を示しています。
表現の仕方は、日歩・何銭という言い方になります。つまり、100円に対して、1日につき、何銭の割合による利息がつくかということになります。

 月利は、1ヶ月あたりの利息になりますが、年利は1年あたりという形になり、年利を12ヶ月で割って算出するといった形になります。
この利息と経済の関係では、金利が高くなったり、低くなったりすることで、景気動向が左右されることがあります。
この基準は、政府であったり、中央銀行が、政策金利を変更し、基準金利を決めることができることが多いのです。
経済学的にみると、貨幣市場のなかでの価格というものに相当します。